読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーサラリーマンの英語奮闘記

アラフォーサラリーマンのビジネス英語学習奮闘記録。1年間でVersantスコア60取得を目標に、ヒアリング&スピーキング能力を強化してます。

学習記録(2017/05/15 - 2017/05/21)

f:id:damasareta:20170521041150p:plain

f:id:damasareta:20170521041227p:plain

Studyplusより 

 

今週は目標15時間に対し約1時間足りず。普段なら日曜日にカバーできるのだが、今週はそれができなかった。 

 

カランメソッド@QQ English

・QQイングリッシュでカランメソッドを25分×5回受講。

・今週、(いまさらながら)「正しいカランメソッドの流れ」を知り、それを実践し始めた。

・これまでは、以下①か②のいずれかで(下線部分が、自分が話しているところ)、実際には9割ぐらいが②だった。

 ①先生が2回質問→すぐに答えられるれるときはすぐに答える→おしまい

 ②先生が2回質問→すぐ答えないと先生が答えの最初の方をを言い始める→復唱→先生が答えの続きをいう→続きも復唱→おしまい

 

・先生が答えを言ってるときに同時にしゃべってはダメなのかと思い、これまでこうしていたたものの、今週、「このままカラン続けて本当に意味あるのかな?」と疑問を感じ、ネットで調べたところ、以下の動画を見つけた。


4倍の早さで英語を学習できるカランメソッド授業風景

・動画をみるとわかるように、先生の後に復唱するのではなく「先生とかぶってもいいから、同時に話す」のが正解らしい。つまり、先生が言いはじめた答えの続きが自分で分かるのであれば、まだ先生が言っていないことを話してもいいようだ。

・おそらく、これまでは「こいつ全然覚えて無いから自分で続き話さないんだろうな」と先生に思われていたのだろう。不覚・・・

  

シャドーイング@究極のビジネス英語リスニング Vol.1

タニケイ式シャドーイング」の方法で22が完了。

・最近、カランの復習に時間をとられており、このテキストの進捗がよくない。1週間で2章のペースですすめたいところ。

 

英会話ペラペラビジネス100

・引き続き、通勤電車の中で、「Anki」を使って暗記。

About - AnkiWeb

学習記録(2017/05/08 - 2017/05/14)

f:id:damasareta:20170514053748p:plain

f:id:damasareta:20170514053819p:plain

 ※Studyplusより 

 

今週も目標15時間達成。

平日は仕事の残業等でなかなか時間が確保できなかったが、土日にカバーした。本当は週に1日ぐらい休息日をつくりたいのだが、それができないのがつらい。

課題になっている「アウトプット」の場を検討せねば(QQ Englishでフリートークでもやろうかな)。

  

カランメソッド@QQ English

・QQイングリッシュでカランメソッドを25分×6回受講。

・新しい講師の授業にも慣れ、うまくまわり始めた気がする。

・本当は、週5回の受講ペースが基本だが今週は初めて6回受講した。いつも受講している時間の直前のコマで急遽キャンセルが入ったらしく、「時間があれば2つ連続で受けない?」と講師に言われたため。

・ただ、さすがに2コマ連続(50分)は疲れた。最後のほうは集中力が切れたことから、今後はやめるようにしよう。

 

シャドーイング@究極のビジネス英語リスニング Vol.1

タニケイ式シャドーイング」の方法で20,21が完了した。

 

英会話ペラペラビジネス100

・通勤電車の中で、「Anki」を使って順番に覚えているところ。

About - AnkiWeb

学習記録(2017/05/01 - 2017/05/07)

f:id:damasareta:20170507054904p:plain

f:id:damasareta:20170507054950p:plain

 ※Studyplusより 

 

 目標15時間を達成することができた。先週はモチベーションが下がり、大幅に目標を下回ったが、今週はQQ Englishの新しい講師がいい刺激になり、復活できた。

勉強のペースとしては、今週はゴールデンウィークで、家族サービス等で丸一日学習できない日もあったものの、大きい予定の無かった5/6、5/7の土日でなんとかカバーできた。

 

 

カランメソッド@QQ English

・QQイングリッシュでカランメソッドを25分×4回受講。

・従来固定で指名していた講師を止め、新しい講師を何人か試していたが、いい講師が見つかり、その講師を今後は固定で指名していくことにした。進捗は前ほど早くないが、指摘は丁寧で発音が良いため、実力が着く気がする。

・QQ Englishでは、人気の高い講師ほど予約に必要なポイントが高くなる。新しい講師は人気が高く、通常50ポイントの講師が多いところ、75ポイント必要だ。ただし、カリキュラムに対する追加ポイントが不要なので、結果としてポイント数は変わらない。
 (⇔従来は、予約50ポイントに加え、カリキュラム「カランメソッドハードコア」で+25ポイントかかっていた。)

・QQ Englishはこのあたりのポイントの仕組みが不透明かつ複雑なところで、「カランメソッドハードコア」ができる講師だからといって、特段カランメソッドに精通しているわけではないし、やる気が高いようにも見受けられない。人気の無い講師であっても、少しでも顧客から多くのポイントを稼ぐため、カランメソッドに精通していることにして、「カランメソッドハードコア」を提供させている、と言われてもしょうがないだろう。

 

シャドーイング@究極のビジネス英語リスニング Vol.1

・今週はカランと英会話ペラペラビジネスをメインにやっていたため、進捗は1章のみ。

タニケイ式シャドーイング」の方法で19が完了した。

 

英会話ペラペラビジネス100

・「Anki」というサービスを使って覚えるための単語帳の作成作業がようやく終わり、Ankiを使っての学習を開始した。

About - AnkiWeb

Versant受験結果(2回目)

Versantとは、Pearson社によって開発された英語スピーキングテストです。「聞いて話す」という、グローバルビジネスシーンで本当に求められる実践的な英語を正確に測定することのできるVersantは、高い実用性と信頼性で世界各国で使用されています。

ディスコHPより

 

学習の進捗状況を確認するため、前回と同様、株式会社ディスコのホームページから個人受験の申し込みを行い、翌日メールで送られてきた受験IDをもとに、PCにインストールしたソフトウェアから受験した。

 

 

結果は以下のとおり。

f:id:damasareta:20170430053856p:plain

f:id:damasareta:20170430053956p:plain

 なんと、前回(2017/3)の47点から、2点下がってしまった!

細かく見ていくと、文章構文では改善が見られるものの、流暢さと発音のダウンが足をひっぱっている。

  • 総合:47→45
  • 文章構文:46→50
  • 語彙  :49→49
  • 流暢さ :50→44
  • 発音  :42→34

 

発音については、今回の学習計画から捨てており、やむを得ない部分があるので、前回たまたま良かっただけ、と割りきろう。問題は流暢さ。

前回に比べると、質問の意図していることの理解度(リスニング力)は上がっていると実感したのだが、それに対する回答は、相変わらずしどろもどろで適当に答えたので、それがスコアに反映されてしまったのだろう。

アウトプットの勉強をもう少し組み込んだほうがいいのかもしれない。

しかし、こんだけ勉強やってきて、スコアが下がるって言うのはショックだな・・・

 

テスト内容 [出題数63問]

A

音読 8問

テスト用紙に記載されている文章を指定された順序で声を出して読むことで、「発音」「流暢さ」を診断

B

復唱 16問

音声で流れた文章を聞こえた通りに繰り返すことで「発音」「流暢さ」「文章構文」を診断

C

質問 24問

質問で使用された単語を使って回答することで「語彙」を診断

D

文の構築 10問

3つの単語リストを聞き、その中で単語を使って文章を正しく作り答えることで「流暢さ」「文章構文」を診断

E

話の要約 3問

短い物語を聞き、30秒間で自分の意見を要約することで「発音」「語彙」「流暢さ」「文章構文」を診断

F

自由解答 2問

簡単な質問に対して自由に回答することで「発音」「語彙」「流暢さ」「文章構文」を診断

http://www.versant.jp/versant_test.htmlより

学習記録(2017/04/24 - 2017/04/30)

f:id:damasareta:20170430043155p:plain

f:id:damasareta:20170430043329p:plain

Studyplusより 

 

 今週は目標15時間に対し実績4時間半と、この2ヶ月で最低の学習時間に。

言い訳をすることが許されるのであれば、会社の飲み会や、仕事の多忙等が重なったことを挙げることができるが、最大の理由は「やる気が出なかった」こと。QQ Englishの講師のやる気の無さに嫌気が差したり、学習にマンネリ感が出てきて、負のスパイラルに嵌ってしまった。

前回Versantを受けてからそろそろ2ヶ月経つので、来週どこかで受験し、自分の現状を確認のうえ、立て直していこう。

来週はゴールデンウィークになるが、特別扱いは無し、学習時間目標は15時間で。

 

カランメソッド@QQ English

・QQイングリッシュでカランメソッドを25分×3回受講。今週は講師側の都合によるキャンセルが2回あった。

・進捗はStage2のFULL BOOK REVISIONが完了、Stage3に入った。Stage2に要したのは結局25分×24回(レッスン18回+総復習6回/計10時間)。Stage1は25分×11回だったので、倍以上の時間を要した。

・いつも受講している講師における、最近の度重なるキャンセルや、やる気のなさ(授業中に寝そうになる、こちらが言ったことを聞いていない等)にはこれまでも不満を感じていたが、今週は特にひどく、このまま続けても、支払ってる費用に見合うだけの効果が無いと思われたため、講師を変える決断をした。

・今後の予約を全てキャンセルし、現在何人かの講師を試しているところ。でも早朝の時間帯は本当に講師が少ないんだよなぁ・・・

 

シャドーイング@究極のビジネス英語リスニング Vol.1

・進捗無し!1回だけ、通勤時間で完了した章の復習をした。

 

英会話ペラペラビジネス100

・「Anki」というサービスを使って覚えるため、単語帳の作成作業を行った。ようやく半分程度終わったところ。

About - AnkiWeb

学習記録(2017/04/17 - 2017/04/23)

f:id:damasareta:20170423045340p:plain

f:id:damasareta:20170423045427p:plain

Studyplusより 

 

 今週も飲み会があったものの、スキマ時間の活用(通勤電車等)と土日の学習で、なんとか目標学習時間15時間を達成できた。本当は、平日+土曜日だけで15時間学習し、日曜はのんびり休みたいのだが、学習時間が足りず週末でカバーするパターンが続いている。

来週も飲み会があるが、それが終わると、今度は仕事が一時的に忙しくなりそうだ。それらを言い訳にせず、学習を継続していきたい。

 

カランメソッド@QQ English

・QQイングリッシュでカランメソッドを25分×4回受講。今週は講師側の都合によるキャンセルが1回。講師はずっと固定しているのだが、一定の割合でキャンセルがあるし、授業中眠そうにしていることもある。変えたほうがいいのかなぁ。

・進捗はStage1のFULL BOOK REVISION(テキスト全体の総復習)が完了、Stage2のFULL BOOK REVISIONの途中まで。来週からStage3に入れそうだ。

 

シャドーイング@究極のビジネス英語リスニング Vol.1

・「タニケイ式シャドーイング」の方法で16~18まで完了。

 

英会話ペラペラビジネス100

・これまでは、事前にマークした例文を覚えるため、スキマ時間に本を読んでいたが、これではなかなか覚えないので、やり方を変えることにした。

・具体的には、「Anki」というサービスを使って、単語帳のようにスマホで覚えることにした。

About - AnkiWeb

 

 

学習記録(2017/04/10 - 2017/04/16)

 

f:id:damasareta:20170416034745p:plain

f:id:damasareta:20170416034902p:plain

Studyplusより 

 

 今週も部署異動に伴う飲み会があったものの、睡眠時間の削減、スキマ時間の活用(通勤電車、昼休み等)及び土日の学習で、なんとか目標学習時間15時間を達成できた。4月中はまだ飲み会がいくつか予定されているが、このペースを維持したい。

 

カランメソッド@QQ English

・QQイングリッシュでカランメソッドを25分×5回受講。今週は講師側の都合によるキャンセルも無く、予定どおり受講できた。

・進捗はStage2のNEW WORKが一旦完了、FULL BOOK REVISION(テキスト全体の総復習)の途中まで。

・Stage1のFULL BOOK REVISIONはStage1だけを対象にしていたが、Stage2では、Stage1のFULL BOOK REVISION→Stage2のFULL BOOK REVISIONと進む。

・このように、既におわったStageも次のStageが終わったときに再度復習することで、記憶の定着をはかっているのだろう。日々のレッスンも必ず復習から始まるし、カランは本当に復習の比率が高い。

 

シャドーイング@究極のビジネス英語リスニング Vol.1

・「タニケイ式シャドーイング」の方法で13~15まで完了。

・最後のシャドーイングを何回行うべきか、毎回悩む。基本的には、8割~9割くらい言えればOKとしている。

・もっとシャドーイングに時間をかければ、スムースにシャドーイングできるようにはなるだろうが、目的はヒアリング能力の向上なので、今のやり方を続けよう。