アラフォーサラリーマンの英語奮闘記

アラフォーサラリーマンのビジネス英語学習奮闘記録。1年間でVersantスコア60取得を目標に、ヒアリング&スピーキング能力を強化してます。

Versant受験方法

f:id:damasareta:20170302044352p:plain

まずは現状把握から、ということで、自分が向上したい「ヒアリング」「スピーキング」の能力を測定でき、TORAIZでも定期的に受験させられると言っていたVersantを、個人で受験することにした。

 

Versantはもともと英ピアソン社が行っているテストだが、日本では日本経済新聞社が独占販売権を保持している。ただし、日経では個人に対する直接販売は行っておらず、2つある販売代理店「ディスコ」「トラベルマン」いずれかからの申し込みとなる。

ビジネスで使える英語力を測定・分析|Versant | » 個人受験をご希望の方へ

 

まずはWebサイトがしっかりしているディスコのサイトを確認。

株式会社ディスコ|英語 スピーキングテスト|Versant 英語コミュニケーション力測定テスト

 

・Webから申し込み、コンビ二店頭もしくはクレジットカードで支払い

・申し込み後、1週間以内に「受験案内」と「テスト用紙」がメールで届く

・有効期間は1年間、その間に任意のタイミングで受験する

・利用料金は受験1回につき5,400円(税込)

受験方法について、日経のサイトでは、「電話」「ソフトウェアインストール」「ウェブブラウザ」受験の3種類、と記載されているが、ディスコのサイトでは固定電話での受験前提で記載されている。

固定電話が無いわけではないが、できれば他の方法で受験したいため、念のためメールで問い合わせてみた。すぐに回答があり、

 

携帯電話やIP電話等は回線に影響を受けますので、突然切れてしまうリスクもございます。(それでも多くの方が携帯電話で受けていられるようですが)

ご心配のようでしたら、ウェブブラウザもしくはソフトウェアインストールという方法でも受験可能ですので、ご安心ください。
お申込完了後に、受験案内書と一緒に、3パターンの受験方法もご紹介させていただきます。

とのこと。

 

また、今後定期的に受験を考えているため、なんとか費用を安くできないか?と思い、代理店経由ではなく直接申し込みできないか、本国のサイトで確認してみた。


メニューから「Buy a Test」へ進み、「Versant English Test 」を見ると「 Price: $39.95」との記載。代理店経由より1,000円ぐらい安い!ということで購入に進む。ところが、ここのLocationの選択肢にJapanが無い。

f:id:damasareta:20170302055318p:plain

インターネット経由で受験すれば関係ないような気もしたが、今回は初回ということもあり、大人しくディスコ経由で申し込むことにした。

 

続く。