読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーサラリーマンの英語奮闘記

アラフォーサラリーマンのビジネス英語学習奮闘記録。1年間でVersantスコア60取得を目標に、ヒアリング&スピーキング能力を強化してます。

Versant受験結果

Versant

f:id:damasareta:20170302061236p:plain

 

ディスコのサイトから申し込みを行うと、早速翌日にメールで受験案内書が届いた。

受験方法は「電話」「ソフトウェアインストール」「ウェブブラウザ」の3種類。一番簡単そうな「ウェブブラウザ」で受験することにし、受験環境のチェックを専用のウェブサイト(http://versantcheck.com/)で行った。

ビジネスで使える英語力を測定・分析|Versant | » 受験の方法

専用のサイトでは、ネットワーク、音声の大きさなどの確認を順番に行っていく。

ところがここで問題が発覚。マイクのレベルチェックがどうしてもパスできず、やむなくソフトウェアインストールで受験することに。

上述の受験方法のサイトから、パソコンにソフトウェアをインストール。テスト番号を入力し、再度各種環境のテストを行った後、すぐにテストを開始することができた。

 

テストは約17分間で、以下の内訳で合計63問出題される。

テスト内容 [出題数63問]

A

音読 8問

テスト用紙に記載されている文章を指定された順序で声を出して読むことで、「発音」「流暢さ」を診断

B

復唱 16問

音声で流れた文章を聞こえた通りに繰り返すことで「発音」「流暢さ」「文章構文」を診断

C

質問 24問

質問で使用された単語を使って回答することで「語彙」を診断

D

文の構築 10問

3つの単語リストを聞き、その中で単語を使って文章を正しく作り答えることで「流暢さ」「文章構文」を診断

E

話の要約 3問

短い物語を聞き、30秒間で自分の意見を要約することで「発音」「語彙」「流暢さ」「文章構文」を診断

F

自由解答 2問

簡単な質問に対して自由に回答することで「発音」「語彙」「流暢さ」「文章構文」を診断

http://www.versant.jp/versant_test.htmlより

 

出題形式について何の事前情報無しに受けたため、全体的にしどろもどろになりながらも、とりあえず何か喋るよう心掛けた。

 

スコアは、受験後すぐにWebサイト(http://www.versant.jp/result.html)から確認可能。結果は以下のとおり。

30点ぐらいだと予想していたため、予想外の数字に驚く。よく分からなくて適当に喋ったのを、機械が間違って正解にしているのではなかろうか・・・

 

f:id:damasareta:20170302063214p:plain

f:id:damasareta:20170302063355p:plain

このスコアがどのくらいのレベルかというと、

・身近な事柄において伝えたいことの要点を包括的に述べることができる。

・TOEIC676-776相当

とのこと。

TOEICは、直近で受けたときのスコアが755、ベストは800なので、その観点からは、概ね妥当なスコアに見受けられる。ちなみに日本人の平均は38前後らしい。

 

 

Versantスコアから見込まれる他テストのスコア?

※他テストとVersantTMはそれぞれ構成が異なるため、見込まれるスコアは同調査対象者の受験結果から推測されるものであり、必ずしもこの結果と合致するもではありません。
※CEF-Rとは、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)。欧州の言語学習および言語能力の評価基準です。

  • 78-80:微妙な意味合いを正確かつ自然に伝達できる。
  • 69-78:流暢で自由な表現を、適切な構文を使って明確に話すことができる。
  • 58-68:大きな負担を感じさせることなく、情報や視点を明確に述べることができる。
  • 47-57:身近な事柄において伝えたいことの要点を包括的に述べることができる。
  • 36-46:基本的な情報(仕事や経歴、家族、余暇など)について述べることができる。
  • 26-35:個人的なことや、よく知られたテーマについて簡単に述べることができる。
  • 20-25:直接かつゆっくり話せばいくつかの単語を理解できることがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http://www.disc.co.jp/sp/versant/index.html より

 

初回で予想外のスコアが出てしまったため、今後の目標設定に頭を悩ませる。いろいろ調べると、人事採用において英語力証明用のテストの一つとなっている在日米国大使館では、59以上必要なようだ。

English Language Qualifications

Currently our English language standards are based on the following tests with the following minimum score requirements. Only scores less than five years old will be considered valid.

USG LevelSTEPTOEICTOFLUNATEVersant
V (Professional/Translator) 1 900 610 A/A+ 68
IV (Fluent) 1.5 850 590 B 63
III (Good Working Knowledge) 2 650 520 C 59
II (Limited Knowledge) 3 400 435    
I (Rudimentary)          

Applicants providing sufficient “Versant” scores, measuring listening and speaking, will be considered eligible but will be required to provide verification of writing abilities by completing one of the four tests above.

Tips for Applying for a Position Vacancy | U.S. Embassy & Consulates in Japanより

 

大使館で働きたいわけではないものの(その前に自分なんか働かせてくれないだろうが)、目標は高く!ということで、当面のゴールをVersant 60点に設定することにした。