読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーサラリーマンの英語奮闘記

アラフォーサラリーマンのビジネス英語学習奮闘記録。1年間でVersantスコア60取得を目標に、ヒアリング&スピーキング能力を強化してます。

英語学習計画 暫定版

英語学習法

f:id:damasareta:20170303054118p:plain

 

スピーキング&リスニング能力の現状を把握できたところで、いざ、自己流TORAIZ、ともいうべき学習方法の検討に入る。

 

1.目標

・英語で仕事の会議ができるようになる

・Versantスコア60を取得する

・期間は1年間(2018/3末まで)

 

2.学習法

・リスニング強化

 →シャドーイングを行う。TORAIZで提示されたプラダを着た悪魔 (名作映画完全音声セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)」は、映画そのものにイマイチ興味がもてず、他のスクリーンプレイシリーズにもビジネス寄りのものが無かったので、本屋で物色した結果、アルクの「究極のビジネス英語リスニングVol.1」を使うことに。

→ビジネス英語も覚えられて、リスニングもできるなら一石二鳥かな、と。TORAIZ同様、1章を100回目処でやる。

 

英会話フレーズの習得

→TORAIZと同様、「英会話ペラペラビジネス100 - ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 」を覚える。2週間で10表現のペースで進める。

 

・アウトプット

→定期的な英会話学校への通学は、共働き&子供が小さい自分には時間の確保が難しい部分があるので、オンライン英会話を軸に検討。

英会話学校が決めたテキストに沿って進めるだけでは、身につかないことを経験から知っているので、自らテーマを設定でき、上記2つのテキストで習得したフレーズを自由に試せる、という形式がベストか。

→ただ、その形式でアウトプットを行うにはどこのオンライン英会話がいいのか結論に至らず、一旦保留に。

→そうすると全くアウトプットが無くなってしまうので、自分が最も弱いスピーキング能力強化のため、前から興味のあったカランメソッドをQQ Englishで始めることにした。

 

・やらないこと

→以下は、当面の間、割り切って勉強しないことにする。

・単語、イディオム

・文法

・日常会話(ビジネス英語に特化)

 

3.継続するための仕組み

・平日は1日3時間、土曜は調整日、日曜は休みの前提で、1週間15時間の学習時間を確保する

・学習時間はStudyPlusで記録する

・2ヶ月に1度Versantを受験し、状況を確認、適宜軌道修正をはかる

・学習時間早朝+会社昼休み+通勤時間で確保

・記憶を定着せるため、「前日勉強したことを翌朝に復習」「平日に間違えたところや覚えきれなかったところを土曜に復習」という2つのサイクルを回す。

・その他、PDCAをまわすため、適宜このブログに記録

 

さあ、がんばろう!

 

 

 

 

英会話ペラペラビジネス100 ? ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

英会話ペラペラビジネス100 ? ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]