読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーサラリーマンの英語奮闘記

アラフォーサラリーマンのビジネス英語学習奮闘記録。1年間でVersantスコア60取得を目標に、ヒアリング&スピーキング能力を強化してます。

学習記録(2017/03/6 - 2017/03/12)

学習記録

f:id:damasareta:20170311062558p:plain

 

f:id:damasareta:20170312025408p:plain

Studyplusより 

 

本格的に勉強を開始して1週間、なんとか目標の15時間をクリアすることができた。

当初の予定では、「平日3時間×5日」+「ちょっと足りない分を土曜日に調整」という想定だったが、実際始めてみると、平日3時間確保できた日は1日だけ、実質的には「2.5時間×6日(月~土)」というペースになった。

学習時間に割り当てているのは、早朝(2時間~2時間半)+会社の昼休み(30分)+帰りの通勤電車(30分)。会社の昼休みは、仕事や用事で確保できないこともあり、より早朝にシフトして学習する必要があるかもしれない。

 

・ビジネス英語リスニングは以下①~④のプロセスで進め、①~④の合計で100回のルールとしている。1章進むのに2時間~2時間半かかった。

①何も見ず、音だけを10回聞いて意味と音をつかむ。

②テキストをチェック。聞き取れなかった文字と音を完全に一致させる。知らない単語等を確認。

③今度はそのセリフを目で追いながら発音(シンクロリーディング)

④ほぼシンクロリーディングできるようになったら、最後はシャドーイング。本を見ずに、聞いたセリフを後追いしながら発音

 思ったよりスピードが速く、シャドーイングはついていくのがいっぱいいっぱい(内容によってはついていけない)。まだまだ口が英語に慣れていないと思われる。訓練あるのみ。

 

・カランメソッドは、QQイングリッシュを25分×5回受講し、レッスン前後にテキスト(上記内訳のStudent's Book)を用いた復習を行った。カランは短期間で詰め込まないと意味が無いらしいので、今後も週5ペースでいきたい。

 

・単語の勉強はしない、と割り切るルールでスタートしたが、英会話ペラペラビジネス100 以外は勉強に発声が必要であり、会社や通勤電車でやれることに制約があることに今更気づいた。そういうときはiKnowというスマホアプリで単語の勉強をすることにした。

 

 

 

英会話ペラペラビジネス100 ? ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

英会話ペラペラビジネス100 ? ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]