読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーサラリーマンの英語奮闘記

アラフォーサラリーマンのビジネス英語学習奮闘記録。1年間でVersantスコア60取得を目標に、ヒアリング&スピーキング能力を強化してます。

学習記録(2017/03/13 - 2017/03/19)

学習記録

f:id:damasareta:20170318060556p:plain

f:id:damasareta:20170319045845p:plain

Studyplusより 

 今週もぎりぎりで目標の15時間をクリア。ペースがつかめてきた。

 

カランメソッド

・QQイングリッシュを25分×5回受講。Stage1が終了した。

・Stage1に要したのは25分×11回(レッスン9回+総復習2回/計4時間35分)だった。最初はいろいろな教師を試していたこともあり、時間を要したが、教師を固定してからはどんどん進んでいるので、Stage2はもっと早く終わるかもしれない。

・レッスン直前と、レッスン直後は、テキストを使って復習。カランメソッドでは、予習がNG、レッスン中はガンガン進むため、復習が重要だと思われる。

 

ビジネス英語リスニング

・リスニング能力強化に向けたより実効性のある学習を目指し、やり方を見直した。

・見直しにあたっては、英語学習コーチ谷口恵子(タニケイ)氏の「タニケイ式シャドーイング」を参考にさせてもらった。

・新しいやり方では、ディクテーションにかなり時間をとられるが、細かいところが聞き取れていないことがよく分かるし、文法の確認にもなる。しばらくはこのルールで進めたいと思う。

・今週の進捗は、03及び04が完了、05がリピーティングまで完了。1章を2~3時間で完了するペース。

【旧ルール】

①何も見ず、音だけを10回聞いて意味と音をつかむ。

②テキストをチェック。聞き取れなかった文字と音を完全に一致させる。知らない単語等を確認。

③今度はそのセリフを目で追いながら発音(シンクロリーディング)

④ほぼシンクロリーディングできるようになったら、最後はシャドーイング。本を見ずに、聞いたセリフを後追いしながら発音

 【新ルール】

(1) リスニング:音声を聞く
(2) ディクテーション:聞き取りをする
(3) 黙読&理解:黙読して疑問点がない状態にしておく
(4) 音読:声に出して読む
(5) リピーティング:音声を一文ずつ流して、真似をして繰り返す
(6) オーバーラッピング:スクリプトを見ながら音声と同時に発話する
(7) シャドーイングスクリプトは見ずに音声を聞いて少し後を追いかけて発話する