アラフォーサラリーマンの英語奮闘記

アラフォーサラリーマンのビジネス英語学習奮闘記録。1年間でVersantスコア60取得を目標に、ヒアリング&スピーキング能力を強化してます。

学習記録(2017/03/20 - 2017/03/26)

f:id:damasareta:20170326033710p:plain

f:id:damasareta:20170326033856p:plain

 

Studyplusより 

 今週も目標の15時間をクリア。来週は飲み会が何回かあるが、目標厳守、気合を入れていこう。

 

カランメソッド

・QQイングリッシュを25分×5回受講。

・Stage2に入ってから、進むペースは明らかにStage1より遅くなった。理由は以下のとおり。

→授業が毎回復習(Revision)から始まること。前回の授業であまり進まなかったとしても、復習は必ず決まったボリュームをやるので、新しいことをやる時間は限られる。ただ、復習を繰り返しやる仕組みになっていることが、カランが身につく理由なのかも、と感じている。ガンガン進めばいいというもんじゃない。

→Stage1ではあまり無かった、リーディングやディクテーションが始まったこと。特にディクテーションはタイピングするのに時間がかかる。これは省略できないのか、聞いてみようかな・・・

 

ビジネス英語リスニング

・「タニケイ式シャドーイング」のやり方で05, 06, 07まで完了。1章を2~3時間で完了するペース。

・やはりディクテーションに時間をとられるが、「元々聞き取れなかったところ」に加え、「聞き取れたと思っていたのに間違っていた箇所」が明確になるのがとてもいいと感じている。ディクテーション後のチェックで「言葉と音の結びつけ直し」をして、それを繰り返すことが、リスニング力のUPにつながるのだろう。

・テキストとして使っている究極のビジネス英語リスニングVol.1は、東京の小さな鉄鋼メーカーがアメリカの大きな部品メーカーと取引を開始する、という話なのだが、アメリカ側の窓口の女性(Lisa Franks)が早口すぎて、シャドーイングに苦労する。続けて話されると、早口言葉のレベルになり、到底追いつけない。

・このテキストは、①135WPM(*)~165WPMもしくは②165WPM以上のスピードなのだが、Lisaだけは、突出して話すのが早いように思われる。

・目標はリスニング力の強化なので、音が正確に聞き取れるようになったら、Lisaの言っていることはシャドーイングできなくてもしょうがない、と割り切り進めることにした。

※WPM:Words Per Minute。ネイティブで200〜250wpm、TOEICリスニングセクションで170~200くらい?(タニケイ氏HPより)