読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーサラリーマンの英語奮闘記

アラフォーサラリーマンのビジネス英語学習奮闘記録。1年間でVersantスコア60取得を目標に、ヒアリング&スピーキング能力を強化してます。

学習記録(2017/05/01 - 2017/05/07)

f:id:damasareta:20170507054904p:plain

f:id:damasareta:20170507054950p:plain

 ※Studyplusより 

 

 目標15時間を達成することができた。先週はモチベーションが下がり、大幅に目標を下回ったが、今週はQQ Englishの新しい講師がいい刺激になり、復活できた。

勉強のペースとしては、今週はゴールデンウィークで、家族サービス等で丸一日学習できない日もあったものの、大きい予定の無かった5/6、5/7の土日でなんとかカバーできた。

 

 

カランメソッド@QQ English

・QQイングリッシュでカランメソッドを25分×4回受講。

・従来固定で指名していた講師を止め、新しい講師を何人か試していたが、いい講師が見つかり、その講師を今後は固定で指名していくことにした。進捗は前ほど早くないが、指摘は丁寧で発音が良いため、実力が着く気がする。

・QQ Englishでは、人気の高い講師ほど予約に必要なポイントが高くなる。新しい講師は人気が高く、通常50ポイントの講師が多いところ、75ポイント必要だ。ただし、カリキュラムに対する追加ポイントが不要なので、結果としてポイント数は変わらない。
 (⇔従来は、予約50ポイントに加え、カリキュラム「カランメソッドハードコア」で+25ポイントかかっていた。)

・QQ Englishはこのあたりのポイントの仕組みが不透明かつ複雑なところで、「カランメソッドハードコア」ができる講師だからといって、特段カランメソッドに精通しているわけではないし、やる気が高いようにも見受けられない。人気の無い講師であっても、少しでも顧客から多くのポイントを稼ぐため、カランメソッドに精通していることにして、「カランメソッドハードコア」を提供させている、と言われてもしょうがないだろう。

 

シャドーイング@究極のビジネス英語リスニング Vol.1

・今週はカランと英会話ペラペラビジネスをメインにやっていたため、進捗は1章のみ。

タニケイ式シャドーイング」の方法で19が完了した。

 

英会話ペラペラビジネス100

・「Anki」というサービスを使って覚えるための単語帳の作成作業がようやく終わり、Ankiを使っての学習を開始した。

About - AnkiWeb